20代の転職に大事なことって何?3回も転職した人間がぶっちゃける!!

転職

20代の転職って何が必要なのだろうか?

今の仕事に疑問を持っている若手社会人にとって、転職に関する情報って大事ですよね。

私も色々悩んだ挙句、20代そこそこで転職を経験し、成功も失敗も両方経験しました。

もちろん、転職に必要な情報というものも知りませんでしたし、転職エージェントに言われるがまま新しい会社を選んでしまい、苦しい時期を味わったこともあります。

「あ~、あの時こういう情報を知っていたらな~」

なんて考えたことも数えきれないほどあります(笑)

では、20代の転職に必要なこととは、いったい何なのだろうか?

そもそも転職するべきなのだろうか?

20代にして、3回も転職した私が紹介します。

コミュニケーション能力

まず第一に重要視されるものは、「コミュニケーション能力」です。

ただ、単純に会話が出来るかどうかということも重要ですが、自身が経験した仕事内容について、簡潔にまとめて説明する能力も大事です。

新卒の就活でも同じような能力が重要であると毎年言われていますが、20代と比較的若い世代の転職の場合も同じです。

そもそも20代となると、企業側は本人がこの先どれくらい成長できそうかに注目して採用を決めることが大半です。

そのためには、ある意味社会人らしい論理的な話し方をしていることはもちろんですし、他の会社メンバーともコミュニケーションが取れそうな人材であるということを面接内で証明しなければなりません。

難しいように思いますが、要するに聞かれたことに対してちゃんと回答すればいい話です(笑)

卑屈な発言をしたりとか、聞かれたことに対して延々と自分だけが喋り倒すような行為をしない限りは、そこまでマイナスに見られるケースは少ないと思います。

「どういう会社でどういう仕事がしたいのか」を明確にすること

特に第二新卒にあたる方が転職活動をすると、思いのほか書類が通ったりします。

中には大手企業でも書類選考が通ることがあります。

「え!あの企業に書類が通ったの?!」

なんてことも十分にあり得ます。

実際、私も同じようなことを何度も経験して、

「もしかしたら自分ってエリートの部類に入るのでは…?(ドキドキ)」

なんて自惚れていたこともあります(笑)

ですが、20代の方の書類選考が通過しやすい理由はズバリ、若いからという部分です。

ぶっちゃけ仕事の能力はあまり見られていません。

もちろん、何かしらの高い成果を出していたのであればそれも評価のうちに入りますが、20代でそういった成果を出すことはなかなか難しいでしょう。

ですので、20代で転職活動をするためには、自分自身がどのような仕事がしたいのか、会社規模も含めてどのような会社で働きたいのかということを明確にしてから臨むことがいいと思います。

自社に残ることも選択肢に入れておく

転職活動をすると、どうしても他の会社に移らなくてはいけないという精神状態に陥りがちです。

ただし、転職というものはあくまで自分が叶えたい条件を満たすためにするものです。

条件が足りていないにも関わらず、ある意味妥協的に転職先を決定してしまい、地獄を見ることになった求職者も少なくありません。

ちょっと強めに話してしまいましたが、要するに今の会社よりも条件の悪い会社しかないのであれば、残ればいいだけなんですよね(笑)

自社に残るという選択も、立派な転職活動の一つです。

むしろ、今の人間関係や仕事の進め方などは当然のことながら維持されるわけですので、下手したら転職するよりも仕事がやりやすいことも考えられます。

転職活動自体にもリスクが伴いますので、少しでもそのリスクを減らすための行動をすることも心がけるべきだと思います。

最後に 20代の転職最大のメリットは失敗できること

色々な経験を通して、20代で3回も転職をした私から見ると、早いうちに失敗を経験出来てよかったな~と思っています。

もちろん不利になることは間違いないので、今このブログを見ている方は3回も転職しないでくれると嬉しいのですが…(笑)

ただ、20代ということもあって、まだまだ伸びしろを見て採用を決めてくれる会社があるんですよね。

もしこれが30代だったら、そう簡単にはいかなかったと思います。

もしかしたら無職になっていたかも…

こうしたことを考えても、転職をしたいと思ったら出来る限り20代のうちがいいんですよ。

失敗したとしてもそれを糧に次の成功に結び付けることが出来ますし、それを助けてくれる会社が現れる可能性が高いように思います。

戦略的に活動を進めることが前提にはなりますが、一度外の世界を見ておくと、経験としても非常に大きなものになりますので、いつでも転職できるように備えておくことは決して無駄なものにはならないと思います。

ではでは、今回はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました