転職活動で失敗しないためには?後悔しないための方法を教えます!

転職

どうも、くまさるです。

「転職をしたいと思っているが、どのように転職をすればいいのか分からない」

「条件面ばかり考えているが、他に何が必要なの?」

とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

特に20代~30代にかけて、初めて転職活動をするという方にとっては、転職という未知の世界に恐怖を抱いてしまう方も少なくないかと思います。

今回は、そういった転職に悩む方々に「どのような転職活動をするべきなのか」ということについてご説明いたします。

転職活動で重要なこと

これまでやってきたことor出来ることで転職するべし

転職をする上で重要なことは、求人を募集している会社は「既に課題を抱えている状況である」ということを理解することです。

毎年ある程度決まった人数を採用する新卒採用とは異なり、中途採用の場合は、自社の課題を解決できる人材をピンポイントで採用しようと考えています。

もちろん、ピッタリ当てはまる人材を見つけることは困難ですが、いい会社ほど人材には妥協をしません。

そうなると、これまで自分が積み重ねてきた経験を転職先の課題解決に役立てる必要があります。

転職となると、どうしても自身が叶えたい条件面に目がいきがちになってしまいますが、それ以前に、「自分はどういった価値を他社に提供できるか」というところから考えなければなりません。

また、入社してすぐに結果を出せるように、やりたい事を優先に仕事を選びながらも、日ごろの業務で活かしてきたスキルを発揮できるような仕事選びが転職をする上で最も大事なことになります。

ここを怠ると、入社して思うような活躍が出来ず、部署のお荷物扱いを受けてしまったり、精神的にキツイ状況が続くことになり体調を崩してしまう可能性もあります。

実際、私も最初の転職の際に、自身に出来ることを明確にしないまま転職をしてしまったこともあり、入社数か月間の間、大変苦しい思いをしました。

そうならないためにも、転職をする際にはこれまでの経験を元に出来る仕事とやりたい仕事を明確にしてから転職活動に臨むようにしましょう。

会社に所属しながら転職活動をすること

転職活動はどうしても時間が必要になります。

面接の日程調整はもちろん、職務経歴書や履歴書の作成など、時間をお金で買いたくなるほど準備に手間がかかります。

そういった中で、現職を退職してからもしくは退職を決定してから転職活動を行おうとする方がいます。

これまで仕事をしていた時間を転職活動に充てることが出来るため、一見すると本腰を入れて転職活動が出来そうに見えますが、この方法だけは絶対に避けるようにしてください

無職期間が続く可能性がある

現職を退職すると、転職活動中であってもその間の期間は「無職」です。

もちろん、すぐに転職先が決まればどうということは無いのですが、転職活動には時間が掛かります。

早い人でも数か月、長い人だと年単位で時間が掛かることもあります。

その間、仕事をしていないわけですから、知らず知らずのうちにビジネス感というものが失われていきます。

言葉にすると中々難しいのですが、どこかだらしなかったり、判断力や集中力が鈍ってきてしまい、面接で評価を得られにくくなります。

また、無職の期間が長ければ長くなるほど、面接官が抱くイメージも悪くなっていきます。

「この人は無職の期間が〇カ月間もあるけど、何か問題がある人なのか?」

「こんなに長い期間無職だなんて…危機感が無い人なんだろうな」

このように思われてしまったが最後、面接の時間で挽回することはかなり難しく、それ以前に面接にすら呼ばれなくなる可能性もあります。

ですので、転職活動を行う際には必ず現職に在職しながら行うようにしていただきたいです。

収入が途絶える

転職活動を行う上で、お金は大事です。(某保険会社のCMのような笑)

これまでは、会社に所属していたので、決まった月にまとまった金額が口座に振り込まれていたと思いますが、退職をした時点でその収入は全くのゼロになります。

貯金があったとしても、思っているよりもはるかに速い速度でお金が減っていきます。

そうなると生まれてくるのは焦りです。

どんどん減っていく預金口座を目の当たりにすると、どこかに早く就職しないとマズいという意識に変わります。

しかし、前述したように転職活動には時間が掛かります。

なかなか決まらない転職活動に焦りを抱き、最終的に条件などをかなり妥協してしまい、不本意な転職をしてしまうことになります。

場合によっては、すぐに内定を貰えてしまうブラック企業に入らざるを得ない状況に陥ることになります。

転職活動を行う時には、絶対に収入口は途絶えないようにしてください。

そうしなければ、また短期で退職して苦しい転職活動を味わうことになってしまいますので…( ;∀;)

ハローワークを使わない

これは意外に思う方もいるかもしれませんが、転職活動では絶対にハローワークを使わないようにしてください。

ハローワークは、どのような企業であっても無料で求人を出すことが出来るある意味便利な施設です。

ところが、この無料というのが大変厄介でして…(;・∀・)

通常、企業が求人を出すときは、リクナビやマイナビなどの求人媒体に依頼をして人材を募集します。

ハローワークとは異なり、掲載にあたっては決して安くはない費用が発生しますが、その分使いやすい機能が付随していたり、掲載企業にとって、人材を集めやすい機能が充実しています。

そもそも、自社に必要なピースとなる人材を集めるわけですから、お金をかけなければ優秀な人材が来ないという意識を持つべきなのです。

ハローワークは無料であるという部分以外、大きなメリットはありません。

それどころか、ハローワークを使っている時点で、

「うちは社員にはお金を使いませんぜ!」

と宣言しているに等しいことなのです。

それだけ求職者の足元を見て採用を行う会社なわけですから、ハローワークで募集するような会社は受けるべきではありません。

最後に

転職活動を行う上での方法は下記の通りです。

  • やってきたこともしくは出来ることで転職する
  • 会社に所属しながら転職活動をすること
  • ハローワークは使わない

初めての転職活動は分からないことだらけで、しかも孤独な戦いになりますので、事前の情報収集は欠かせません。

今回は私の経験も踏まえてお話したため、他にも注意すべき部分もあるかと思いますが、一先ず、私の経験を参考にしていただければ幸いです。

それでは今回はこの辺で!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました